とってもややこしいUSBのお話

USB

今日は、パソコンのインターフェースの中で一番馴染みのある「USB」についてお話します。

USB(ユー・エス・ビー)

USBは、つないだ機器とパソコン間でデータを転送するためのものです。キーボード、マウス、プリンタ、デジタルカメラ、USBメモリ、外付けハードディスクなどを接続できます。

ところで、USBにも色々あるのをご存知でしょうか?

 

USBの数字とアルファベットの意味

数字は転送速度の規格の違い

USB〇〇という数字は、データを転送する時の「速度」の規格の違いです。数字が大きいほど、データの転送速度が速くなります。現在よく使われているUSBの転送速度の規格は以下です。

  • USB2.0
  • USB3.0
  • USB3.1

※「USB 3.0」は「USB 3.1」の規格に含まれて、今は「USB3.0」は「USB3.1 Gen1」と呼び方が変わっているそうです。

USB端子上のパソコンの場合、端子の中が青い方が「USB3.0(USB3.1 Gen1)」、白い方が「USB2.0」です。

「USB 3.0」の転送速度は「USB 2.0」の約10倍速いので、例えば「USB3.0」に対応している外付けハードディスクをお持ちなら、パソコン側も「USB 3.0」に繋げて使った方が良いということです。

  • 「USB3.0」は 2.0とも互換性があるので、「USB2.0」に接続しても問題なく使えますが、2.0の規格になるため、転送速度は落ちます。
  • Macや一部のWindowsのパソコンでは「中が青くないUSB 3.0」もあるので、注意が必要です。

アルファベットは「カタチ」の規格の違い

USBには形に違いがあります。

USBコネクタの形状の違い

  • Type-A:以前からある、お馴染みの形です。
  • Type-B:この形は、家庭用プリンタ側のポートとしてよく使われています。
  • Type-C:最近のパソコンによく見かける形です。

※USBは、他にMini USB、Micro USBなどもあり、また、Type-Bは他の形もありますが、ここでは省略します。

 

下の画像のパソコンの場合、「USB3.0 Type-A」と「USB3.1 Type-C」があります。

USB3.0 Type-AとUSB3.1 Type-C

 

USB 3.1 Type-CとThunderbolt 3

USB 3.1 Type-Cについて

最近では「USB 3.1 Type -C」が、スマートフォンや薄型のノートパソコンによく使われています。

以下の機能があり、お使いのパソコンの「USB 3.1 Type -C」が下記1or2どちらの転送速度なのか、また3・4に対応しているか否かについては、取扱説明書やメーカーのホームページなどで確認できます。

パソコンを購入する際には特にしっかり確認しましょう。

  1. USB3.1 Gen1
    転送速度は「USB3.0」と一緒
  2. USB3.1 Gen2
    Gen1より転送速度が2倍速い
  3. DisplayPort
    パソコンから映像信号を送ってテレビやプロジェクターに出力することができる
  4. USB Power Delivery
    パソコンに電源を供給できる

 

Thunderbolt 3とは

さらにUSBには、「Thunderbolt3(サンダーボルト・スリー)」と呼ばれるポートがあります。「USB 3.1 Type -C」と見た目は同じですが、USB3.1 Gen2より4倍速くデータを転送できるチカラがあり、DisplayPortにも対応しています。

  1. 40GBの高速データ伝送(※対応ケーブルが必要)
  2. USB3.1 Gen2を含む
  3. DisplayPort
    パソコンから映像信号を送ってテレビやプロジェクターに出力することができる
  4. USB Power Delivery(※対応しているかどうかは確認が必要)
    パソコンに電源を供給できる

 

パソコンメーカーのUSBの表記

それでは最後に、各パソコンメーカーのインターフェースの「仕様」にてUSBはどんな風に書かれているかをご紹介します。

  • 【A社】USB
    USB3.0ポート x1、USB Type-Cポート x1(USB3.1 Gen 1、最大5Gbps)
  • 【F社】拡張I/F
    USB3.1(Gen2)Type-C×1、USB3.1(Gen1)Type-C×1、USB3.0×2
  • 【V社】主な入出力
    USB Type-C™ 搭載×1 (以下の機能をサポート:USB Power Delivery、SuperSpeed USB (USB 3.0)、DisplayPort 1.2、5Vアシスト充電)、SuperSpeed USB (USB 3.0) port 給電機能付き×1、High Speed USB (USB 2.0) port×2
  • 【H社】インターフェイス
    USB 3.1 Gen1(電源オフUSBチャージ機能対応)、USB Type-C™ 3.1 Gen1(電源オフUSBチャージ機能対応)、USB Type-C™ 3.1×3/電源オフUSBチャージ機能対応 (うち2つはThunderbolt™ 3 対応)
  • 【N社】外部インターフェイス
    USB 3.0×2 (内1ポートはパワーオフUSB充電機能付き)
  • 【T社】インターフェース
    USB3.0×1 、Thunderbolt™ 3(USB Type-C™)コネクタ(電源コネクタ)×1
  • 【P社】インターフェース
    USB 3.1 Type-Cポート(Thunderbolt™ 3対応、USB PowerDelivery対応)、USB 3.0 Type-Aポート×3

書き方バラバラ(笑)
これにさらに※マークで注釈が付いているところもあるんです。

これを見ても、USBってややこしい!ということがよくわかりますね、、とってもよく使うインターフェースなのに・・・

「USB3.0」と書いているところもあれば「USB 3.1 Gen1」としているところもあり、統一されていません。

だから、パソコンを購入する際はためらわず店員さんに聞いてくださいね。

今日のおさらい

  • USBの数字は、データの転送速度の規格の違いを表す
  • USBのアルファベットは形の規格の違いを表す
  • USB3.0はUSB3.1Gen2のことである
  • USB 3.1 Type-Cは、転送速度や対応している機能を購入前に確認した方がよい
  • Thunderbolt3は、USB 3.1 Type-Cの上位と考える

 

 

投稿者プロフィール

ササキカオリ
ササキカオリ
レンサバ会社に時々勤務しながら、WordPressテーマ・プラグインの開発&販売をしている株式会社ベクトルのスタッフとしてリモートワーク中。今はチームで働くのが楽しいフリーのWEBデザイナー&フォトグラファー。2019年フジロック初参加!Instagramは毎日post、600日以上継続中です。

「ログを編む」について

「ログを編む」は、パソコン・Web・写真をゆるりと学べる40~50代女性向けのブログです。なるべく専門用語を使わず、基本の「いろは」から綴ることを心がけています。「パソコンいろは帖」「Webいろは帖」「写真いろは帖」に分けて、不定期に更新中。

LINE@に登録していただくと、更新情報などお知らせしています。お問合せ・ブログに関するご質問はLINE@からもお気軽にどうぞ!

友だち追加 LINE@IDは[@wkh8135f]です

2 thoughts on “とってもややこしいUSBのお話

  1. てつっち より:

    ふ~ん。。。なるほどね~
    なかなかよくわかりました!!

    40代後半のおじさんですが興味あるのでまたコメントさせてもらいま~す!
    おっさんは迷惑かな?(笑)

    1. sasakidesign より:

      わ♪読んでくれて
      ありがとうございます(^^)
      おじさんも大歓迎です〜♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です