イメージセンサーってなに?

 

前回では、一眼レフとミラーレスの違いやカメラの仕組みについてまとめました。

一眼レフとミラーレスの違いってなに?

 

カメラの仕組みをちょっとおさらいすると、図のように、光はレンズを通り、絞り→シャッター→イメージセンサーへと向かいます。

光の行き先

イメージセンサーとは

イメージセンサーは「撮像素子(さつぞうそし)」とも呼ばれ、画像をデジタル信号に変換する部品です。フィルムカメラで言うと、イメージセンサーはフィルムの役割をしています。

イメージセンサーの大きさについて

イメージセンサーにはいくつかサイズがあり、大きいほどより高画質な写真が撮れると言われています。
あくまでも、イメージセンサーだけで比較した場合、ということですが。

イメージセンサーの大きさの違い

他のサイズのイメージセンサーもあります。

「フルサイズ一眼レフ」とは、フルサイズのイメージセンサーが入っている一眼レフカメラのことです。イメージセンサーが大きくミラーもあるので、ボディをコンパクトにするには限界がありそうです・・・

フルサイズ一眼レフは、プロやハイアマチュアの方が使っていることが多いですが、APS-Cやマイクロフォーサーズのカメラを使っているプロの方も、もちろんいらっしゃいます。

一眼レフとミラーレスのイメージセンサーは、以下のように分けることができます。

  • 一眼レフカメラのイメージセンサー:フルサイズかAPS-C
  • ミラーレス一眼カメラのイメージセンサー:フルサイズ、APS-C、マイクロフォーサーズのどれか

お持ちのカメラが、どのイメージセンサーを使っているかを知っておくことは、とっても大事です。
ぜひ取扱説明書で確認してみましょう♪

なぜイメージセンサーが大事なの?

同じレンズでも、イメージセンサーが異なると、写る範囲が異なるからです。

同じレンズを使って撮り比べ

単焦点レンズ
こちらは、焦点距離50mmの単焦点レンズです。レンズについてはまた別記事で詳しく説明しますので、ここではざっくりと、人間の目で見た時に近い感じで写る標準レンズです。

被写体とカメラの距離

そのレンズをつけてカメラを三脚で固定し、ハーバリウムを撮ってみました。

フルサイズ

フルサイズ一眼レフカメラ+焦点距離50mm単焦点レンズの場合

APS-Cの一眼レフカメラ+焦点距離50mmの単焦点レンズの場合

フルサイズの時より、手前にググっと迫って写ります。望遠寄りになるんです。APS-Cのカメラで撮った方が、写る範囲が狭くなります。つまり、フルサイズ一眼レフよりもっと後ろに下がって撮らないと、同じように撮れないということですね。

この「望遠寄りになる」ということについては、レンズのお話の時にまた登場しますので、なんとなく覚えておいてください♪

今日のおさらい

  • カメラの光の行き先:絞り→シャッター→イメージセンサー
  • イメージセンサー(撮像素子)は画像をデジタル信号に変換する部品のこと
  • イメージセンサーはフィルムの役割がある
  • お使いのカメラがどのイメージセンサーなのか?を知っておく
  • 同じレンズでも、イメージセンサーが異なると、写る範囲が異なる

 

 

投稿者プロフィール

ササキカオリ
ササキカオリ
レンサバ会社に時々勤務しながら、WordPressテーマ・プラグインの開発&販売をしている株式会社ベクトルのスタッフとしてリモートワーク中。今はチームで働くのが楽しいフリーのWEBデザイナー&フォトグラファー。2019年フジロック初参加!Instagramは毎日post、600日以上継続中です。

「ログを編む」について

「ログを編む」は、パソコン・Web・写真をゆるりと学べる40~50代女性向けのブログです。なるべく専門用語を使わず、基本の「いろは」から綴ることを心がけています。「パソコンいろは帖」「Webいろは帖」「写真いろは帖」に分けて、不定期に更新中。

LINE@に登録していただくと、更新情報などお知らせしています。お問合せ・ブログに関するご質問はLINE@からもお気軽にどうぞ!

友だち追加 LINE@IDは[@wkh8135f]です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です